残債がある場合のカードローン審査

> カードローンの基礎知識 > すでに借入があってもお金は借りれる?

すでに借入があってもお金は借りれる?

すでに借入があってもお金は借りれる?

カードローンの審査では、申込んだ人が他のカードローン会社も利用しているかどうかという点もチェックされます。申込者が新たにカードローンを利用した場合、その人の収入の割合などから考えて、きちんと返済できるかどうかを見極めるためです。

他のカードローン会社の返済のためにまた別のカードローンの契約をする、いわゆる自転車操業状態になられては困ります。そのような状態では、いつか返済不能になって自社も貸し倒れの損害を受けてしまう可能性が高くなってしまいますから、そのようなことにならないために、カードローン会社は事前に借入状況をしっかりと審査をする訳です。

適正な借入残高であれば十分借入は可能

では、他に借入がある場合は、もうカードローンを利用することはできないのでしょうか?実際は、カードローン会社の規模や審査方針、総量規制の対象か否かなどで、他社での借入に対する許容件数や借入限度額は変わってきます。

総量規制の対象になっている消費者金融系のカードローンのケースでみてみますと、他社の利用が2件までなら審査が通る会社もあれば、4件以上あっても審査が通る会社もあります。

だからと言って、とりあえず片っ端から審査の申込みをしようなんて思ってはいけません。短期間に何度も審査の申込みをすると、本来は通過するはずの審査にも通りにくくなってしまいます。

借入が出来なくても、申し込みをした事実は記録として半年間残ってしまい、その情報は他のカードローン会社が審査の時に見ることができるため、あまりにも無謀な多重申し込みをしてしまうとその後半年間は借入がしにくくなってしまいます。

ですので、カードローンの審査に申し込む前は、まず自分がどこの業者にいくらくらい借りているかといった状況を、きちんと把握することが大切です。何も考えずに借入を増やしていったりすると、気付いた時には自分の返済能力を越えてしまったという事になりかねません。

ご利用は計画的に、という言葉を良く耳にしますがまさにその通りであって、行き当たりばったりで借金をするのは厳禁です。

収入証明書があれば金利が安くなるケースも

もし収入証明書が用意出来るのであれば、金利が大幅に低くなるカードローンもいくつかありますので、そういった商品に借り換えをするというのも一つの方法です。

一般的に、借入限度額が大きくなれば金利が低くなりますので、借入枠は大きめに申請してみるのも良いでしょう。もちろん、枠が大きいからといって一杯まで借りる必要は無く、あくまでも金利を抑える為の借入枠という考えです。

一時的にお金を借りるだけなのか、それともある程度長期にわたって返済をする計画なのか、その点も合わせて考えておく様にしましょう。


ページのトップへ