総量規制対象外のカードローン

> カードローンの基礎知識 > 総量規制の仕組みと対象外のローン

総量規制の仕組みと対象外のローン

総量規制の仕組みと対象外のローン

カードローンを利用してお金を借りる際に、総量規制の関係でいくら以上は借りられない、という状態になる事があります。最近よく耳にするこの「総量規制」ですが、一体どのような仕組みなのでしょうか?

総量規制とは、平たく言うと「年収の3分の1までの借入れしかできない」というルールで、個人に対して適用される借入限度額の制限を設けるものです。これが適用されるのは消費者金融系のカードローンだけですので、銀行系のカードローンやクレジットカード(ショッピング)、住宅ローン、自動車ローンには、総量規制の適用はされません。

貸し付け契約の種類について

貸し付けの契約には、4種類あります。「個人向け貸付け」「個人向け保証」「法人向け貸付け」「法人向け保証」の4種類のうち、総量規制が適用されるのは「個人向け貸し付け」のみです。

その他の貸し付け契約は総量規制の適用にはなりませんので、個人であっても個人事業主としての事業用資金を借り入れる場合は、総量規制の対象にはなりません。あくまでも個人が生活費などの個人的な理由でお金を借りる場合に、総量規制が適用されます。

冠婚葬祭の費用や旅費など、個人的な資金の借り入れには総量規制が適用されて、借入総額が年収の3分の1に制限されてしまうという事になります。

個人向け融資でも総量規制の対象外になる借り入れ

この総量規制、とても厄介ですが、除外される場合と例外となる場合があります。除外とされるものが「不動産購入」「自動車購入」で、総量規制の対象からは外れます。つまり、年収が200万であっても、200万以上する不動産・住宅ローンや自動車ローンは組めるということですね。

他にも「高額療養費」や「有価証券担保ローン」などがあります。

また例外となる場合ですが、借入総額が年収の3分の1を超えてしまっている場合でも、状況に合わせて貸し付けが認められるというケースがあります。ただ、返済の能力があると判断された上で例外と認められる流れになりますので、必ずしも全てのケースで例外適用になる訳ではありません。

例えば年収150万円の方が、年収の3分の1である50万円を既に借り入れていて、更に緊急で20万借り入れたい...という申し出があった場合、審査をして例外規定という形で貸し付けが可能かどうかの判断をします。緊急の医療費などは、例外として認められる場合が多いそうです。

クレジットカードのキャッシング枠にも総量規制は適用される

総量規制は、クレジットカードのキャッシング枠にも適用されます。これらの借入総額が年収の3分の1を超えてしまうと、新規のキャッシングは出来なくなるので注意しましょう。

ただし、先ほどもお伝えした様に、クレジットカードのショッピング枠に対しては総量規制の対象外となっています。年収の3分の1の金額をすでにカードローンなどで借入していても、クレジットカードで買い物する事は可能です。

総量規制の対象外となるローンは銀行系のカードローンなどがあげられますが、これらのローン商品の場合、多くのケースで100万円以下、なかには300万円以下の借り入れであれば収入証明書の提出は不要というものもあります。

もちろん、収入証明書の提出が不要だからと言って虚偽の申告をすることはNGですので、その点は注意しましょう。

総量規制対象外のローンは限度額も比較的大きく、金利も低く抑えられているケースが多いので、借り換え目的で利用する人も増えてきています。ただし、その分消費者金融系のカードローンと比べると審査も厳しい場合がありますので、借りたい金額や返済予定期間などを考え、希望する金額を借りれる業者を選ぶ様にしましょう。


ページのトップへ