カードローンの審査に落ちる理由

> カードローンの基礎知識 > カードローンの審査に落ちる理由

カードローンの審査に落ちる理由

カードローンの審査に落ちる理由

急な出費の助け舟になってくれたり、高額な商品の購入時にまとまったお金を借りられるなど、カードローンは上手に活用すると大変便利なものです。

いざという時のために契約しておきたいと考えている方もいれば、今がまさにいざという時だ!という方もいらっしゃるかもしれません。また、一枚目のカードの限度額が低いので、新たに二枚目のカードローンに申し込みをしようと考えているケースもあると思います。

カードローンの申し込みをする際に、最も気になるのは「今の自分がカードローンの審査に通るかどうかどうか?」ですよね。そんな時に知っておいて損はない、カードローンの審査に「落ちやすい人」の傾向をご紹介します。

他社での借り入れがある、借り入れ総額が高い

既にカードローンの契約をしているか、キャッシング枠のあるクレジットを利用している場合、審査は新規申込みとは少し違ったものになります。

現時点でどれだけの借り入れがあるか、返済金額が残っているかはカードローン会社が把握していますので、返済の終わっていない借り入れが多ければそれだけ審査に通るのは難しくなります。

返済の終わってない借り入れの総額が多ければ、当然「もうこれ以上貸したら返済は難しいだろう」と判断されて、審査に落ちる可能性があります。自分の年収の3分の1以上は借り入れが出来ない「総量規制」というルールがありますので、申込み前にこの総量規制に引っかかっていないかどうか確認をしておきましょう。

一方で、カードは持っていても、残債がない状態であれば審査にほぼ影響はないとされています。

クレジットカードで支払い遅延してしまった事がある

クレジットカードで商品を購入したり、生活費を払うのに使用していると、「たまたま残高が少なくて引き落とされなかった」という経験をされた方もいると思います。

こういった細かい遅延情報も全て信用情報に記録され、金額の多い少ないに関わらず「この人はきちんと毎月、期日通りに支払える能力が無いのでは?」と判断されてしまう恐れがあります。

もしも細かい支払い遅延を繰り返してしまっている場合、カードローンの審査は少し難しくなるかもしれません。

短期間のうちにカードローンの審査に申し込みをし過ぎる

時間の効率を考えて、一度に複数のカードローン会社に申し込みをする人がいるかもしれませんが、これは絶対にやめておきましょう。

短期間のうちに多くのカードローン会社に申し込みをすると、「この人はお金に困っている」とみなされて、本来は審査に通過できる条件であっても多重申し込みが原因で審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

1ヶ月間で申し込むカードローンは、最高でも3件までというのが一つのラインとされています。もし3件とも落ちてしまったら、少し間を空けてから別のカードローン会社に申し込みをするようにしてください。

なお、申し込みの履歴は審査に落ちても半年間は情報として残りますので、あまり多くのカードローン会社に申し込みをしてしまっているようなら、最低半年は申し込みを控えた方が無難と言えます。

情報をきちんと伝えない

仮審査で通っても、本審査で落とされる事例は結構あります。仮審査時に収入や勤務年数などの情報を大雑把に書いたり、水増しして書いたりすると、仮審査と本審査との間に食い違いが生まれます。

その結果「この人はいい加減で信用できない人物だ」となって、審査に受かる基準を満たしていたとしても本審査で落ちてしまう可能性が高くなります。カードローン会社に信用してもらうため、仮審査時の情報もきちんと入力しましょう

また、消費者金融のカードローンを既に契約していて、銀行のカードローンに借り換えようと思って申し込む方もいると思います。今は借り換え専用のローンなども登場していますが、その場合でも銀行にしっかり「借り換え目的の意思」を伝えないと、「お金が足りなくなってまた新しいカードローンを契約しようとしている」とみなされ、審査に落ちてしまうケースがあります。

以上の点をふまえ、記入漏れや入力した情報に間違いがないか、しっかりとチェックしてから申し込みをするようにしましょう。


ページのトップへ