カードローンの申込みと借入方法

> カードローンの基礎知識 > カードローンの申込みから借入まで

カードローンの申込みから借入まで

カードローンの申込みから借入まで

一昔前までは、カードローンで借入をしようと思ったら自動契約機のある店舗まで出向いていかなければなりませんでしたが、今は自宅のパソコンやスマートフォンから簡単に申込みが出来る様になりました。

日中忙しいサラリーマンにとっては時間と手間がかからないというメリットがありますし、出来れば誰にも知られずにお金を借りたいという方にとっても、店舗まで出向く必要がないのでそういう心配をする必要がなくなります。

でも、はじめてカードローンを利用する方にとっては、申込みから借入までの流れについて多少の不安があると思います。ここでは、カードローンのWEB申込みをスムーズに行うために、申込みから借入れまでの流れをご紹介していきます。

申し込みフォームに必要事項を入力する

まずは、借入を希望するカードローン会社を選び、そのサイトへアクセスします。金利や融資方法、急ぎの場合は即日振込に対応しているかどうかなど、自分の希望に合ったカードローン会社を選びましょう。

もしどのカードローンを選んだら良いか迷っている時は、当サイトのトップページで各カードローンの比較をしていますので、そちらも参考にしてみてください。

→ カードローン即日ガイド

借入するカードローン会社が決まったら、WEB申込みボタンをクリックします。すると契約するための必要事項を入力するフォームに移動しますので、間違いの無いように入力していきます。 カードローン会社によって入力する項目が若干違う場合がありますが、名前と自宅の住所、電話番号などの基本情報は必ず必要です。勤め先の情報、勤続年数、雇用形態、年収などの情報も入力します。

後で提出する本人確認書類と内容が異なっている場合は、仮に十分な収入があって信用情報にも問題が無かったとしても審査に落とされる場合がありますので、間違いや虚偽の無いように入力してください。

他社から借入がある場合は正直に入力する

他社の借入状況の欄には、正直に入力をしましょう。借入が多いと審査に落とされるのではないかと思い、借入件数や借入残高を少なく入力するのはNGです。これらの情報は全てCICやJICC、全銀協といった個人の信用情報機関に登録されているので、虚偽の申告は全て見抜かれてしまいます。

そうなりますと、この人物は信用が出来ないという判断をされ、やはり審査には非常に悪い影響を与えてしまいます。ですので、これらの情報は必ず正確に入力するようにしましょう。

なお、入力箇所はクレジットカードのキャッシング枠の利用状況と消費者金融系・銀行系のカードローンの利用状況になりますので、それぞれ間違わない様に入力してください。クレジットカードのショッピングの利用分は対象となりませんので、その点は注意しましょう。

入力項目の記入が終わったら、送信ボタンをクリックして完了です。入力時間は10分〜20分程度で終わる場合がほとんどで、もちろんスマートフォンにも対応していますから、ちょっとした空き時間でも利用することが可能です。

本人確認書類はどうやって提出する?

本人確認書類は、運転免許証や健康保険証、パスポートなどを利用することができます。WEb申込みの場合は、スキャナー機能がついているプリンターや複合機などでスキャンして読み込み、その画像データをアップロードして送付するか、コピーしてFAXで送るという流れが一般的でしたが、今はスマートフォンのカメラで撮影して、それを転送する方法でも提出することが出来る様になりました。

この方法なら、最も手間がかからずに本人確認の書類を提出することができますから、申込み手続きもかなりスムーズに進めることができます。

審査結果の確認

WEB申し込みの場合、審査結果は最短で30分、長くても1時間程度で確認することが出来ます。申し込みフォームに記入したメールアドレスに送信されるか、電話連絡で結果の確認を行います。記入内容に漏れや再確認が必要な点があった場合などは、カードローン会社から質問のために電話がかかってくる場合もあります。無事に審査が通れば、あとは希望する方法で融資が実行されます。

ここまでの手順は、どこのカードローン会社もほぼ同じです。

融資方法とお金の引き出し

カードローンの契約後、初回の融資方法には主に2つの方法があります。一つは振込による融資です。

カードローン会社にもよりますが、だいたい平日午後2時までに審査および契約が完了している場合は、振込による即日融資が可能です。指定した銀行口座に、カードローン会社から振り込まれる方法です。

通常は、審査に通ったらATMで使うためのカードを受け取る必要がありますが、即日融資の場合はカードを受け取る前に融資を受けることが可能です。契約が完了してすぐに融資金額が自分の銀行口座に振り込まれますので、その銀行のキャッシュカードがあればそのまま引き出す事が出来ます。カードは後日郵送で自宅に届きます。

契約が完了したら、カードローン会社からカードが簡易書留で郵送されてきます。 カードを受け取ったら、跡はATMで限度額内の現金を自由に引き出す事が出来るようになります。

急いでいる場合なら、カードの郵送を待つよりも即日融資を選択した方が早いですね。 ほとんどのカードローン会社が即日融資可能ですが、即日融資可能な時間帯はカードローン会社によってまちまちです。

また土日祝日の即日融資にも対応しているカードローン会社もいくつかあり、例えばアコムの場合、ゆうちょや一般の銀行の場合は平日14時(ゆうちょ)か14時半(銀行・信販)までが即日融資対応のリミットですが、楽天銀行に口座があれば土日祝日含めて24時間振り込みが可能です。

プロミスの場合は平日14時までにWEB契約が完了していれば即日振込が可能で、三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座がある場合は24時間振込が可能です。

もう一つの方法は、近隣の自動契約機でカードを受け取る方法です。申込みや審査の時点では内緒に出来ても、カードが自宅に送られてきたら家族に知られてしまう...という心配がある方は、自動契約機でカードを受け取ることも出来ます。

審査と契約は事前のWEB申込みで完了していますので、あとは近隣の自動契約機がある店舗まで出向き、簡単な本人確認とカード受領の手続きで受け取ることができます。この時の注意点としては、営業終了時間ギリギリに行った場合、先に誰かが自動契約機を使用していたら間に合わない可能性があること、WEB申込みの際に使用した本人確認書類を忘れずに持っていくこと、この2点を覚えておく様にしてください。

カードローンで即日融資を受けたい場合の注意点

ここまで申込みから借入までの流れは一通りご説明してきましたが、最後に即日融資を受けたい場合の注意点をお伝えしておきます。

即日融資可能と銘打っていても、申込みや審査完了時間が14時を過ぎてしまうと、融資の実行が翌日かそれ以降になる場合があります。もし14時を過ぎていて、ネットバンクの銀行口座を持っている場合は、24時間振込対応のカードローン会社を選ぶ様にしましょう。

審査にかかる時間もチェックが必要です。一般的にカードローンの審査時間は30分から1時間程度と比較的短時間で済む様に記されていますが、なかには審査に数日かかるカードローンもあります。審査に通れば即日融資が可能でも、審査自体に時間が掛かりすぎては本末転倒ですので、この点も事前に調べておきましょう。


ページのトップへ