カードローンで返済遅れがある場合の審査

> カードローンの基礎知識 > 返済遅れがある場合のカードローン審査

返済遅れがある場合のカードローン審査

返済遅れがある場合のカードローン審査

カードローンの申し込み時には必ず審査があるのですが、その審査で重視されるポイントの一つに、申し込む人の信用度があります。それはどういうことかといいますと、カードローンやクレジットカードを利用した際に、期日をきちんと守って返済してくれるかどうかという点です。

カードローン会社は、申込みがあった時点で個人の信用情報機関にアクセスし、過去にカードローンを利用した際に返済が滞った事実があるかどうかという点をチェックします。これは公的に義務づけられている機関が管理している情報で、借入をした日、返済をした日、借入金額とその残金、そして返済遅れがある場合はその事実が記録されますので、過去にカードローンの返済が遅れた場合は審査においてかなり不利になってしまうのは否めません。

返済遅れがあっても審査に通過する場合も多々ある

しかし、延滞歴があるからと言って必ずしもカードローンの審査に落ちてしまうというわけではありません。カードローンに延滞歴があるかどうかは、先ほどもお伝えした通り信用情報機関に登録されている内容でチェックを行います。自社の情報ならともかく、他社のサーバーに入り込んでその人の返済履歴を閲覧することは出来ませんから、カードローン会社の加盟が義務づけられている公的な信用情報機関に登録されているデータをチェックして、その人の信用度をはかるわけです。

多くの方が勘違いをされているのですが、数日程度の軽微な返済遅れであれば、その後きちんと入金を行えばこれらの信用情報機関には返済遅れの事実が掲載されないのはご存知でしたか?ついうっかり支払い日を忘れてしまったという経験がある方もいると思いますが、一日でも遅れたら二度とカードを作れなくなるのかというと、そんなことはありません。

もちろん、だからといって返済遅れを繰り返していると新規貸し付けの停止、およびカードの返却を求められることとなり、強制解約させられた事実が記録されてしまいますので、該当するカードローン会社はもちろん、他社のカードローンの審査に通ることは今後極めて難しくなってしまいます。

ですが、先ほどもお伝えしたように数日程度の返済遅れであれば他社のカードローンの審査にさほど影響はしませんので、まずは審査に申し込んでみることをおススメします。

審査の基準はカードローン会社によって異なる

もちろん、審査の厳しいカードローンの場合は他社で一回でも返済遅れの事実があれば借入できない可能性が高くなりますが、審査の基準はカードローン会社によってまちまちです。総量規制に関する点以外の審査基準は各社が独自に定めていますので、強制解約をさせられた等の致命的なトラブルが無いのであれば、審査に通過する可能性はあります。

また、一つのカードローンの審査が通らなかったとしても、それで全てのカードローンが利用できないということではないので、もし審査に落ちてしまった場合は比較的柔軟に審査をしてくれるカードローンを検討してみると良いでしょう。

短期間にたくさんのカードローンに申し込むのはNG

一方で、審査に落ちたからといって短期間にたくさんのカードローン会社の審査を受けるのは避けましょう。これは申し込みブラックという状態になり、カードローン会社側から見ると本当にお金に困ってたくさん借入をしようとしていると判断されてしまうからです。

一般的には3ヶ月間で5件以上の申し込みを行うと申し込みブラックの判断を下される確率が高くなると言われ、そうなると仮に返済遅れ等のトラブルが無かったとしても、しばらくカードローンの審査には通りにくくなってしまいます。

もっとも、申し込み履歴は6ヶ月間で抹消されますので、過去半年間で5件以上の申し込みを行い、審査に通らなかった場合は少し期間をおいてから再度申し込みをするようにしましょう。


ページのトップへ