カードローンの限度額

> カードローンの基礎知識 > カードローンの限度額

カードローンの限度額

カードローンの限度額

どのカードローンを選ぶかにおいて「いくらまで借りられるか」は一番重要なこと。借りる側にしたら借入限度額は多いに越したことはありません。

最近では、消費者金融系だけでなく銀行系カードローンも一般的になってきました。銀行系カードローン最大の特長といえば、融資額が高いところですよね。

そのほんとが300万円・500万円以上。なかには、なんと1000万円の融資に対応しているところもあります。

しかし、貸す側が提示している融資限度額と借入限度額って似て非なるものなんです。

あらかじめて知っておくことで、カードローン選びに失敗せずに済みますよ。では、その理由について、詳しく説明していきたいと思います。

「融資限度額」と「借入限度額」は微妙に違います

与信限度額・貸出限度額なんて呼ばれることもありますが、大概は限度額と略されることが多いです。カードローン契約を交わす際、延滞していないことを条件にカードローン会社が貸せるお金の上限金額のことを指します。

カードローンは、その上限金額までなら好きな金額をいつでも何回でも借りることができます。もし、契約時に「上限金額100万円」となれば、50万円借りて、次の週にまた30万円借りてもいいのです。まだ20万円は借りることができます。

ただし、注意しておきたいのが、提示されている融資限度額は、誰でも必ず100%借りられるわけではないということです。

たとえば、プロミスでは最大500万円までの融資に対応していますが、申し込んだ人全てが500万円まで借りられるということはありません。

どうやら、初めて申込む場合は借入限度額を50万円に設定されることが多いようです。

もちろん500万円まで融資してもらえる人もいるので、プロミスが誇大広告というわけではなく、借りる人の状況によって異なってくるのです。

貸す側が提示する融資限度額というのは「借りる側の条件が揃っていれば、ここまで融資することができますよ」というもの。

一方、借入限度額というのは「借りる人の信用度を審査して、その個人に対しての融資額」となります。

  • 融資限度額:借りる人関係なく、カードローン会社が融資できる上限金額
  • 借入限度額:借りる人の信用度を審査して、その人に融資できる上限金額

借りる人の信用度は、属性信用情報から判断していきます。属性というのは、長男・長女ならしっかり者、末っ子なら甘えん坊などという、世間一般的な概念みたいなもの。

カードローンにおける属性では収入が最も重要ですから、勤務先・年収・勤続年数などから判断されます。公務員や有名企業など、お堅い職種は貸し倒れになる可能性が低いため、融資に有利といえるでしょう。

中小企業であっても、勤続年数が長かったり年収が高ければ、借入額もそれに比例していきます。逆に年齢が若かったり、勤めて間もない、年収が低いと融資限度額が下がる傾向にあります。

信用情報というのは、個人の金融履歴書のようなもので、クレジットカード・ローンの利用履歴だけでなく、携帯電話や公共料金の支払い履歴などが一定期間記録されています。

この信用情報は、あらゆる金融機関が開示することができ、個人の要望で消すことは不可能なもの。いわゆるブラックリストと呼ばれているもので、延滞などをしていると隠していても一目瞭然。


属性と信用情報から個人の信用度を測って限度額が決まるのですが、実は限度額を左右させる存在がまだあるのです。それは、総量規制の存在です。

限度額は「総量規制」に影響される

総量規制とは、許容を超える借りすぎ・多重債務を防ぐために貸金業法が設けた法律で、カードローン会社は借りる人の年収の1/3を超える融資をしてはいけないとされています。

そのため、カードローン会社が500万円の融資限度額を設けていたとしても、借りる人自身の収入がその3倍の1500万円以上の年収でなければ、融資限度額をフルで利用することはできないのです。

年収300万円なら100万円まで、年収500万円なら166.6万円までしか借りられない計算となります。

さらに、注意しておくべき点としては借入の合計金額が対象になるということ。年収300万円の人がA社で80万円まで借入した場合、B社では20万円までしか融資してもらえません。

さきほど説明した信用情報では、もちろんカードローンの利用情報もチェックすることができますし、カードローン審査において他社の借入額は必ず確認されることなのです。

しかし、年収300万円だからといって100万円までしか借入できないのかというと、実はそうでもないのです。100万円以上借りられる可能性がまだあります。

銀行カードローンなら総量規制の対象外で借入できる

貸金業法が適用されない銀行のカードローンは総量規制対象外。さらに、銀行カードローンは消費者金融会社に比べて高い融資額と低金利が魅力的。ただし、融資スピードが遅いこと・審査が厳しいというデメリットも兼ね備えています。

もし、アナタの必要としている金額が年収の1/3を超えており、即日融資じゃなくてもいいから借入したい場合は、銀行カードローンに申し込むのもアリ。

カードローン融資限度額は増枠できる?

もし、カードローン会社が設けている融資限度額より低い借入限度額を提示されているなら、増枠できる可能性は十分ありますよ。

信用度を調査しているからといっても、初回契約時は返済実績ゼロの状態から始まるため、どうしても低めの借入限度額になってしまいます。

しかし、契約後にしっかり返済を続けることで、カードローン会社に「この人は優良客」とみなされ、増枠することができるかもしれません。少なくとも3〜6ヶ月は滞納せず返済することが大切。(そもそも滞納しないことが前提ですが・・・)

契約しても、利用せず半年放置するだけでは優良客にはなれませんよ。優良客と印象付けるには、返済日より早めに入金すること・多めに返済することも、有効です。カードローン会社から増枠を進めてくるかもしれません。


最初から大口融資を希望するのであれば、銀行カードローン。もし、そこまでの融資を希望していないのであれば、まずは即日融資にも対応している消費者金融カードローンに申し込んで、少しでも返済実績を重ねていきましょう。

コツコツ返済していくことで、増枠の可能性を高め、契約時以上の借入をすることができるようになります。一度でも滞納してしまうと増枠はおろか、限度額に達していなくても借入できなくなってしまうので、注意してくださいね。


ページのトップへ