カードローンと連帯保証人

> カードローンの基礎知識 > カードローンと連帯保証人

カードローンと連帯保証人

カードローンと連帯保証人

初めてカードローンの利用を考える際に気になってくるのが、連帯保証人や保証人の有無ではないでしょうか?

マンションの賃貸・住宅ローンには、連帯保証人・保証人が必要となるケースが多く「カードローンにも必要なのではないか」と思うのは至極当然のこと。

実際のところはどうなのでしょう?

一般的なカードローンでは連帯保証人・保証人は不要

100%とは言い切れませんが、ほぼ不要です。たまに「無担保・無保証人」をデカデカと掲げる消費者金融の広告を見かけますが、その会社だけの謳い文句ではなく、ごく普通のことです。

アコム・アイフル・プロミスなどの大手消費者金融会社をはじめ、銀行でも連帯保証人・保証人を求めることはほとんどありません。

基本的にカードローンというものは、個人を対象とした小額融資なので、保証人をつけるほどのリスクはないのです。そもそも審査の段階で、返済が滞りそうな申込者は落とします。

いわば個人の金融履歴書とも言える信用情報があるおかげで、保証人を用意せずとも個人の信用度を測ることができるのです。

万が一、回収できなかった場合を想定して、消費者金融会社では利息を高めに設定しているのです。では、消費者金融会社より利息が低めの銀行はどうしているのでしょう?

実は、銀行のカードローンを利用するには、保証会社の保証を受けることが条件となっているのです。

保証会社とは

保証会社とは銀行の代わりに、申込者の審査を行い、延滞時には催促を行い、それでも返済してもらえない時には、代位弁済までする会社のことです。

  • 申込者の審査を行う
  • 延滞時の催促
  • 代位弁済(滞納者に代わり銀行に返済する)

代位弁済まで行うと、債権者は銀行の手を離れ、保証会社へと移ります。つまり、保証会社に返済をする必要があるということ。

この保証会社というのは、消費者金融会社や信販会社(クレジットカードを発行してる会社)が一般的です。なぜ、銀行がわざわざこれらの保証会社を利用するかというと、銀行自体に審査におけるスキルがないため。消費者金融会社や信販会社のノウハウに頼っているというわけです。

保証会社は銀行によって異なってきますが、もし銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合、次の銀行カードローンを申し込む前に、保証会社を確認してみましょう。

もし、前回と同じ保証会社を持つ銀行カードローンに申し込むと、また審査を落とされる可能性が・・・。違う保証会社のカードローンなら、審査を通過する可能性がまだ高いです。


以上のように、カードローンの申し込みには連帯保証人・保証人は必要ありません。しかし、なかには例外もあるんです。

カードローンの保証人が必要なケース

これを読んでいる人のなかには、残念ながら保証人が必要な人がいるかもしれません。最後まで気を抜かずにチェックしてみてください。

学生・専業主婦

基本的に審査で重要視されるのは返済能力となります。そのため、継続した収入のない学生や専業主婦では、審査においてはマイナス要素が高め。それを払拭させるために、保護者・配偶者の同意書を求められるケースがあります。

さらに、借入額に制限が設けられることが多く、希望額より低めの借入しかできない場合も・・・。

借入希望額が大きいカードローン

個人向けの小額融資が基本といっても、最近では500〜1000万円の借入が可能なカードローンも多く存在します。それだけの融資ができるカードローンの審査はやはり厳しく、勤続年数や年収に不安を感じる場合には保証人を求められるケースもあるようです。

事業者向けのビジネスカードローン

一般的なカードローンでは、事業資金としての利用を禁じています。ですが、事業資金として使うことのできる、事業者向けカードローンも存在しています。

しかし、事業資金は総量規制の対象外であるため年収の1/3以上でも借入可能なこと、倒産してしまえば回収が難しくなることから、担保や保証人を求められるケースが多いです。

カードローン申込みは連帯保証人や保証人って必要?まとめ

以上のように、会社に勤めているサラリーマンやOLなら、連帯保証人・保証人は必要ないことがわかりました。

ですが、借入希望額が極端に高かったり、学生・専業主婦・事業主だと、保証人を求められることもあるようです。

連帯保証人・保証人が必要ないということは、誰かにお願いする必要もなく、周囲にバレることなくお金を借りられるということ。確かに、利用しやすくありがたいことではあるのですが、その分、しっかりと返済できるよう計画を立てておかなければなりません。

さらに、一度でも信用情報に延滞などのキズをつけてしまうと、今度しばらくカードローンはおろか、クレジットカードの利用にも支障がでてくることだってあるんですよ。

安直に借りたりせず、しっかりとした返済プランをたてて、お金を借りましょうね。


ページのトップへ